本文へスキップ
English

手漉き和紙の魅力と可能性を国内外へ伝え広める特定非営利活動法人PIARAS

新着情報 

facebookページ ←PIARAS facebookページ  /  PIARAS ベアFAN!  /  【手漉き和紙の力】展

新着情報 2018年3月17日(土)10:30〜12:30
第28回 PIARAS 手漉き和紙学習会【自然を切り取る ―木拓―】(東京都文京区 肥後細川庭園)
講師:山田香菜子 先生(フリーアナウンサー)
お気に入りの樹木を探し、手漉き和紙にその葉や樹皮を木拓用墨汁で写しとり、言葉をしたためたり色を付けたり。樹木と手漉き和紙の新たな魅力を発見しましょう!

2017年11月24日(金)
【輪島塗の技術を活用し、手漉き和紙を用いて作った鼓が完成!】
経済産業省の補助事業として今春より開発を進めていた鼓が完成し、総合監修者・能楽師の大倉正之助氏(重要無形文化財総合認定保持者)が、石川県輪島漆芸美術館のお披露目会にて試し打ちを行いました。
当プロジェクトのコーディネーターを担当したPIARAS代表の木南と、事業主体の大崎漆器店をはじめ各分野の専門家とが知恵を出し合い作った、新しい伝統楽器の誕生です。
朝日新聞、北國新聞、中日北国新聞、読売新聞にも掲載!


2017年11月19日(日)13:00〜15:00
【手漉き和紙学習会】強製紙の作り方 久保昌太郎和紙工房(埼玉県比企郡小川町
楮紙にこんにゃく糊を塗って強度を上げた強製紙の作り方を、職人さんから学びます。ユネスコ無形文化遺産に指定された細川紙についてのお話など、小川和紙についても教えていただきます!


過去のニュース一覧は
こちら